ようこそ! 「家庭菜園プランターの育て方」へ
ポータルトップ >  ホーム >  家庭菜園 プランター 野菜  > プランター栽培での野菜:ミニトマト


プランター栽培での野菜:ミニトマト

スポンサードリンク

アドセンス

手ごろに家庭菜園で作れるもののひとつとしてミニトマトがあります。
普通のトマトより生命力が強く作りやすいので人気があります。
種から育てるのは大変なので初心者の方は苗から育てた方がいいと思います。
一般的には苗から育てます。ナス科。
種まきの時期は、2月中旬~3月下旬。
苗の植え付けの時期は、4月下旬~5月中旬。
収穫の時期は、7月上旬~8月下旬です。

種から育てる場合はいきなりプランターにいれず、ポットで育てます。
ここでは苗からの育て方をみていきましょう。
まず、プランターの底に底石を敷き詰めます。
コンテナの内側の線まで土をいれます。
その上から元肥を施し、土とよく混ぜ合わせます。
元肥は控えめがいいです。
多すぎると葉が生い茂り実がつきません。
苗を中心におきます。
根の周りに土をかぶせます。
用土が減ったらその都度足します。
植えたら水をたっぷりあげましょう。
ミニトマトは日差しを好みます。
ベランダや窓際など日差しがあり風通しのいい場所にプランターを置きましょう。
主枝から葉がでてその葉の付け根から伸びてくるのが「わき芽」です。
実に養分を送るため、でてきたわき芽は早めに摘み取りましょう。
主枝とその下2本のあわせて3本くらいだけ残します。
苗が倒れないように主枝に支柱を立てましょう。
茎は太くなるので、ゆるめに結んでおきましょう。
実が赤くなったら収穫です。

真っ赤に熟したトマトにはリコピンが多く含まれています。
活性酸素をやっつけるので生活習慣病予防になります。

スポンサードリンク

アドセンス