ようこそ! 「家庭菜園プランターの育て方」へ
ポータルトップ >  ホーム >  家庭菜園 プランター 野菜  > プランター栽培での野菜:ピーマン


プランター栽培での野菜:ピーマン

スポンサードリンク

アドセンス

夏の暑さに強く、秋まで収穫できるピーマンも比較的簡単に栽培できるものです。
ピーマン。ナス科。
一般的には苗を購入して育てます。
種まきの時期は、2月中旬~3月下旬。
苗の植え付けの時期は、4月下旬~5月中旬。
収穫の時期は、6月上旬~10月中旬です。
発育温度は15℃~20℃、発芽温度は、20℃~30℃です。
ナスよりもさらに高温を好みます。
外気が暖かくなったら苗の植え付けをするといいでしょう。

種は直接プランターに撒かず、まずはポットで育ててからプランターに移しましょう。
一般的には苗から育てるので、ここでは苗の植え付けからみていきましょう。
プランターの底に底石を敷き詰めます。
土をプランターの内側の線まで入れます。
その上から元肥を施し土と混ぜ合わせます。
元肥は少なめにしましょう。多すぎると葉が茂りにくくなります。
用土が減ったらその都度足しましょう。
水をいっぱいあげましょう。

最初に咲いた花とその下の2本の枝の3本だけにして他はすべてわき芽をとります。
主枝から横に伸びる葉の付け根にあるのがわき芽です。
わき芽に養分を取られないように早めにとりましょう。
一番最初の実は思い切って若とりにすると、株全体に養分がいきわたります。
株間は50cmくらいとりましょう。
苗に支柱をくくりつけ倒れないようにします。
きつく結ばずゆるめに結びましょう。
実がつき始めたら追肥をします。
いよいよ収穫です。どんどん実がなるので早めに収穫しましょう。

ピーマンにはメラニン色素を分解する作用のあるビタミンCが豊富です。
夏場はいろんな料理でピーマンを食して日焼け対策してみては。

スポンサードリンク

アドセンス