ようこそ! 「家庭菜園プランターの育て方」へ
ポータルトップ >  ホーム >  家庭菜園 プランター 野菜  > プランター栽培での野菜:白菜


プランター栽培での野菜:白菜

スポンサードリンク

アドセンス

白菜。アブラナ科。
原産地は中国です。
生育の適温は15℃~20℃です。
適温の幅が狭いので種まきの時期が限られます。
土壌を選ばず環境適応能力が高い野菜です。
大きく作るには低温期に入る前に葉の枚数を多くする必要があります。
害虫被害を受けやすいので、あらかじめ予防策として寒冷紗を利用したり、あるいは見つけたら即退治するなど対応が必要です。
特に幼苗期のアブラムシ防除はしっかりと行いましょう。

種まきの時期は8月。
植え付けの時期は9月。
収穫の時期は10月下旬~12月です。

1つのポットに3,4粒の種を撒き土を薄くかぶせます。
約3日後に発芽します。
葉が茂りすぎないよう間引きをします。
本葉が2枚のころ1本立ちにします。
本葉が4,5枚になったらプランターへ植え付けします。
1つのプランターへ2株ほど植え付けをします。
本葉が10~15枚になったら追肥をします。
次に結球が始まったらもう一度追肥をします。
外葉が20枚くらいになったら結球が始まります。
結球の大きさは外葉の大きさで決まります。
事前に葉を大きく育てればそれだけ大きな球ができるのです。
白菜の頭を軽く押してみて硬ければ収穫できます。
白菜は保存性に優れているので、収穫期にしばらく植えたままでも30日程度は持ちます。
外葉を縛って白菜を覆っておくと寒さに耐えることができ、より長持ちします。

白菜は、ビタミンC、カルシウム、鉄分などが特に豊富で、芯の部分に一番栄養があります。

スポンサードリンク

アドセンス