ようこそ! 「家庭菜園プランターの育て方」へ
ポータルトップ >  ホーム >  家庭菜園 プランター 野菜  > プランター栽培での野菜:きゅうり(キュウリ)


プランター栽培での野菜:きゅうり(キュウリ)

スポンサードリンク

アドセンス

きゅうり。ウリ科。
発芽してから収穫まで約60日で栽培できます。
きゅうりは温度や水分に敏感で風にも弱いです。
しかしそれさへ気をつければベランダでも簡単に育てることができます。
発芽温度は18℃~25℃です。最低温度は15℃です。
種まきの時期は、4月~5月。
植え付けの時期は、5月~6月。
収穫の時期は、6月~8月です。

ポットに培養土を入れて2粒の種を撒きます。
保温と換気に気をつけましょう。
本葉が4~5枚になったらプランターに植え付けします。
株間は50cm程度あけましょう。
きゅうりは育ちが早いです。早めに支柱を主枝に結びましょう。
きゅうりの葉や茎はとてももろくて折れやすいです。
支柱を結ぶ際は丁寧に気をつけて行いましょう。
次々に出てくる子蔓、孫蔓の摘心を行いましょう。
ベト病、うどんこ病、アブラムシなどに侵されやすいです。
早期発見して退治しましょう。

1~2週間に一度のペースで追肥をしましょう。
きゅうりは根の酸素要求量が多いです。
肥料や水を絶やさないように気をつけましょう。

きゅうりは花が咲いてから7日間程度で収穫です。
草や花がいっぱいつきすぎたら小さいうちに実を収穫しましょう。
変形した実は早めに取り除いて他の実の成長を助けるようにしましょう。
いづれも収穫時期を逃さないように注意深く観察しましょう。

きゅうりは、カリウム、カロテン、ビタミンCなどを多く含んでいます。
きゅうりには塩分を体外にだす利尿作用があります。

スポンサードリンク

アドセンス