ようこそ! 「家庭菜園プランターの育て方」へ
ポータルトップ >  ホーム >  家庭菜園 プランター 野菜  > プランター栽培での野菜:ねぎ


プランター栽培での野菜:ねぎ

スポンサードリンク

アドセンス

ねぎ。ユリ科。
根の白い部分を食する根深ネギと葉の部分を食す葉ネギがあります。
プランター栽培で育てやすい葉ネギの育て方をみてみましょう。
暑さ寒さどちらにも耐久性があるので、1年中育てることができます。
日当たりの良い場所を好みます。
しかし通気性の悪い土壌には弱いです。
排水性のよい土と定期的な追肥が必要です。
種まきの時期は、3月中旬~10月下旬。
収穫の時期は、8月下旬~翌年6月下旬です。
発芽温度は15℃~20℃です。

プランターに底石を敷き詰めます。
プランターの内側の線あたりまで土を入れます。
その上から肥料を施し、よく混ぜます。
土の上に2本の筋を引きます。筋の間隔は10~15cmです。
溝の中に種が重ならないように1,2cm間隔で種を撒きます。
土を上から1cm程度かぶせて水をかけましょう。

発芽後は2,3cm間隔で間引きしましょう。
株間がどんどん混み合ってきます。
混み合わないように適宜間引きします。
最後には1株2,3本にし、株間は8,9cm間隔にします。

ネギは他の野菜に比べて長い間収穫することができます。
そのためには定期的な追肥がかかせません。
収穫のたびに追肥しましょう。
病害虫の心配はありません。
しかし排水性が悪く土壌に湿気がこもるとベト病が発生しますので注意しましょう。
その後もどんどん収穫して、5cm程度になったら、抜きましょう。
次の若い芽がでてきてまた収穫できます。

ネギの緑色の部分には、βーカロテン、ビタミンC、カルシウム、カリウムが多く含まれています。

スポンサードリンク

アドセンス