ようこそ! 「家庭菜園プランターの育て方」へ
ポータルトップ >  ホーム >  家庭菜園 プランター 野菜  > プランター栽培での野菜:いちご


プランター栽培での野菜:いちご

スポンサードリンク

アドセンス

イチゴ。バラ科。
苗から育てても8ヶ月はかかる栽培に時間のかかる作物です。
しかし最近では、品種改良が盛んに行われて家庭菜園向きの早めに収穫できるものなどが出回っています。
お勧めとしては、宝交早生やダナーが栽培しやすいと思います。
発芽温度は20℃前後です。

土は水はけのよい排水性に優れたものにしましょう。
苗の植え付けの時期は、10月~11月です。
当初株間は9cm程度必要です。
株元にある少しギザギザした部分がクラウンです。
これを土に埋めてしまうとイチゴが成長しません。
埋めないように気をつけましょう。
苗を植えたら土を株元にかぶせていきます。
植えつけたらたっぷりと水を上げましょう。
植え付け後1ケ月くらいしたら、株間は15cm程度に広げましょう。
冬の間はしばらくおきます。肥料もいりません。
3月になってマルチングの前になったら追肥をします。
実がつき始めたら、ワラなどでイチゴを多いマルチングします。
実に土の泥などが跳ねたりするのを防いだりします。

春になり暖かくなってきて、実も赤くなり始めたら収穫できます。
イチゴは朝収穫するのがベストです。

イチゴはビタミンCがとても豊富です。
4個摂取するだけで、大人が一日に必要なビタミンC量を摂取できてしまうのです。

病害虫としては、うどんこ病、萎黄病、灰色かび病、ハダニ、アブラムシなどがあります。
萎黄病は葉が黄色く枯れて元気がなくなってしまう病気です。
うどんこ病は、実と葉両方が白く粉をはたいたようになってしまう病気です。
灰色かび病は、肥料のあげすぎなどにより、灰色のかびが発生する病気です。

スポンサードリンク

アドセンス