ようこそ! 「家庭菜園プランターの育て方」へ
ポータルトップ >  ホーム >  家庭菜園 プランター 野菜  > プランター栽培での野菜:春菊


プランター栽培での野菜:春菊

スポンサードリンク

アドセンス

春菊。キク科。
栽培期間が比較的短く、脇芽を伸ばせば長期間収穫することも可能です。
種まきの時期は、3月中旬~4月初旬、9月初旬~10月下旬。
収穫の時期は、5月下旬~6月下旬、11月初旬~12月下旬です。
春菊の品種には、大葉、中葉、小葉があります。
中でも一番香りがよく長期間収穫できる中葉がお勧め品種です。

まず種を一昼夜水に浸します。
その後半日水切りをします。
プランターの設置場所は、日当たりの良い場所を選びましょう。
肥沃で水はけのいい土壌を好みます。
プランターに土と肥料を混ぜ合わせていれます。
15cm間隔で土に指で筋を引きます。
筋に種を重ならないように撒きます。
上から軽く土をかぶせて水をたっぷりあげます。

本葉が2,3枚になったら間引きします。
その後も生い茂ってきたら定期的に間引きしていきます。
本葉が5,6枚になるまで続けます。
このころの株間は15cm程度あけましょう。
1週間に1度は追肥をしましょう。
液肥を薄めて使用するのもいいでしょう。
霜がおりる季節には、トンネルをかけて霜のもどりに注意します。
方法としてはプランターの植えに針金でアーチをつくり不織布をかぶせてガードします。
害虫はアブラムシに注意が必要ですが、葉が混み合わないように注意していれば大丈夫です。

高さ20cm程度になったら収穫です。
先端の葉を摘み取り、下のは3枚くらいは残しましょう。
その後でてくるわき芽についても10cm程度で収穫できます。
このようにして収穫を繰り返していきます。

スポンサードリンク

アドセンス