ようこそ! 「家庭菜園プランターの育て方」へ
ポータルトップ >  ホーム >  家庭菜園 プランター 野菜  > プランター栽培での野菜:オクラ


プランター栽培での野菜:オクラ

スポンサードリンク

アドセンス

オクラ。アオイ科。
オクラの主な品種は、アーリーファイブ、グリーンエチュードです。
栄養価のとても高い野菜です。
原産国はアフリカ。
高温で日当たりの良い場所を好む野菜です。
耐寒性はないため、10℃以下での生育は不可能です。
発芽温度は20℃~30℃です。
種まきの時期は、4月~5月。
植え付けの時期は、5月。
収穫の時期は、7月~9月です。
連作はできません。4年以上はあけましょう。

種が硬いので1昼夜水に浸しておきます。
プランターに土と肥料を混ぜ合わせたものを入れます。
指で2,3cm穴を掘り種を撒きます。
直撒きがお勧めです。
育苗する場合は、ビニールトンネルなどで保温しましょう。
高温を好む野菜なので、地温が高くなってから撒くといいでしょう。
肥料切れしないように2週間に1度は肥料をあげましょう。
長く収穫するためには肥料を絶やさないようにします。
葉が混み合ってきたら下葉を切っていきます。

苗の段階からアブラムシが発生します。
薬剤の散布など対応を苗のうちから早めに行いましょう。

大きくなりすぎると筋っぽくなります。
8cm程度の大きさになったら収穫しましょう。

オクラは、βーカロテン、ビタミンB1、ビタミンC、ビタミンE、カルシウム、鉄分などを含んだ栄養価の高い野菜です。
オクラのネバネバ成分には、ペクチンやムチンには胃壁を保護したり糖尿病予防の効果があります。
また、血糖値の上昇を抑えたりコレステロールの吸収を抑えたりと成人病予防効果もあります。

スポンサードリンク

アドセンス