ようこそ! 「家庭菜園プランターの育て方」へ
ポータルトップ >  ホーム >  家庭菜園 プランター 野菜  > プランター栽培での野菜:じゃがいも


プランター栽培での野菜:じゃがいも

スポンサードリンク

アドセンス

じゃがいも。ナス科。
深めのプランターを利用すれば、じゃがいもの栽培もプランターで可能です。
深めのプランターならば大量収穫も夢じゃない。
3ヶ月程度で比較的早く種いもの15倍大量収穫できます。

発芽温度は最低4℃~6℃です。
植え付けの時期は、2月~3月。
収穫の時期は、6月~7月です。
種いもは食用のじゃがいもではなく、きちんとした園芸用のものを購入しましょう。
食用はウィルスに侵されている可能性があります。

種いもをカットします。
大きいいもは3,4つに、中くらいのいもは2つにカットします。
さらに芽のたくさんついている頭頂部をカットして、切り口を下にして植えます。
発芽して草丈が10~15cm程度になったら、芽かきを行い1つの種いもから出る芽2本にします。
しっかりと株元から引き抜くことが重要です。
芽かき後は増し土をします。
草丈が20cm程度になったら、追肥をし増し土も行います。
この時期は水をやりすぎるといもが腐ります。
1日1回程度にしましょう。
地上の葉や茎が腐り始めたら収穫のサインです。
いもを収穫する際は、いもを傷つけないように注意をしましょう。
いもは傷つくと腐りやすくなってしまいます。
大きいいもは早めに収穫しないと、残りのいもの生育が悪くなります。

じゃがいもはカリウムを多く含んでいます。
塩分を排出してくれるので塩分のとりすぎに効果があります。
食物繊維やビタミンB1、ビタミンCなどを多く含んでいます。

スポンサードリンク

アドセンス