ようこそ! 「家庭菜園プランターの育て方」へ
ポータルトップ >  ホーム >  家庭菜園 プランター 野菜  > プランター栽培での野菜:ほうれん草


プランター栽培での野菜:ほうれん草

スポンサードリンク

アドセンス

ほうれん草。アカザ科。高栄養野菜。
種まきの時期は、3月上旬~7月上旬、8月下旬~11月下旬。
寒さには強いですが、暑さや湿気に弱いので真夏の栽培は無理です。
発芽温度は15℃~20℃。秋撒きがお勧めです。
ほうれん草は種からの栽培も簡単です。
全般的に害虫対策をしっかりとして育てましょう。

深さが18cmくらいのプランターで底に穴があり通気性を確保できるものを使用します。
穴から土が流れ出さないように、プランターの受け皿を利用します。

プランターに培養土と土を入れます。
基本としては培養土と大さじ2~3杯の化成肥料を混ぜ合わせます。
培養土と有機肥料を使用する場合は、3対1の割合で混ぜ合わせます。
今は肥料入りの培養土も販売されていますので、こちらならそのまま何もせず利用できます。

土の上に指で2本線を引き溝を作ります。
線と線の間隔は10~15cm程度です。
1、2cm間隔で溝に種を撒いていきます。
種が隠れるように土をかぶせ手のひらで軽く押さえます。
発芽までは乾燥させないようにジョウロや霧吹きで水をあげます。
約1週間で発芽します。双葉が出揃ったら3~5cm間隔で1株になるよう間引きします。
元気そうなものを残します。
間引く際は太い茎のものは抜かないように注意しましょう。
2週間ほどしたら追肥をします。
本葉が6~8枚、草丈が20cm程度になったら収穫です。
長く置くと葉が固くなります。葉が黄色くなる前に早めに収穫しましょう。

スポンサードリンク

アドセンス