ようこそ! 「家庭菜園プランターの育て方」へ
ポータルトップ >  ホーム >  家庭菜園 プランター 肥料  > プランター栽培での栄養・肥料のやり方


プランター栽培での栄養・肥料のやり方

スポンサードリンク

アドセンス

植物は90%が光合成によって得られる炭水化物からできています。
根から水と空気を吸収し、太陽の光をあびて炭水化物を作り出すのです。
炭水化物は、葉から取り込む二酸化炭素から得る炭素と、根から吸い上げる水から得る酸素と水素で構成されています。

残りの10%は13種類の元素からできています。
これに炭素と酸素、水素を足して16種類。
植物に必要な養分はこの16要素と言われています。
中でも必ず補給しなければならない「肥料の3要素」があります。
それが、窒素、リン酸、カリです。
カルシウムとマグネシウムを足すと「5要素」になります。

これらは葉や土の中の成分から根を使って吸収しています。
自然の土の中では、落ち葉や動物の糞、死骸などにより自然サイクルの中で生成されていきます。
しかしプランターは自然サイクルから断ち切られた状態にあります。
ですから人が必要なものを肥料などを通して栄養として土に与えないといけないのです。

栄養を必要とするのは、生育期です。
この時期は植物もすさまじく成長しますからその分栄養を必要とするのです。
逆に成長がゆっくりと穏やかな時期にはあまり栄養を必要としません。
この時期に肥料を多く与えてしまうと、逆効果です。
根やけという状態になり、濃すぎる栄養に水分をとられてしまう可能性があります。
野菜の生育期を調べて適切な時期に肥料などの栄養を与えることが必要です。
肥料袋には必ず成分が記載されています。
これをチェックして適切な成分を補充する必要があります。

スポンサードリンク

アドセンス