ようこそ! 「家庭菜園プランターの育て方」へ
ポータルトップ >  ホーム >  家庭菜園 プランター 肥料  > プランター栽培での肥料のやり方:元肥と追肥


プランター栽培での肥料のやり方:元肥と追肥

スポンサードリンク

アドセンス

肥料がないと植物は育ちません。
もともと土や水にもいろんなものが溶け込んでいるので、普通の土や水でも育てることはできます。
しかし肥料を入れたほうがよく生育させることができます。
肥料には元肥と追肥があります。
元肥は栽培する最初に土壌に混ぜる肥料のことで、追肥は生育途中に追加する肥料のことです。

さらに肥料には有機質肥料と無機質肥料(化学肥料)があります。
有機質肥料とは、生物から作られた肥料で化学物質が含まれていません。
無機質肥料とは、窒素、リン、カリなどの養分3要素を含めて成分調整されて作られた肥料のことです。
一つの成分だけを含んだ単肥肥料と3要素を含んだ複合化成肥料、液体肥料があります。
有機質肥料は一度土中の微生物で分解されてから吸収されます。
無機質肥料は直接農作物に吸収されます。

有機質肥料の利点としては、長く効果が持続することです。
また肥料をあげすぎてしまっても、肥料やけを起こしません。
土壌改良に適していますので家庭菜園では人気の肥料です。
微生物の活動を活発にして土をほくほくにします。
しかし臭いがきついこと、すぐには効果を発揮しないことから嫌がる人もいます。

無機質肥料の利点としては、効果の即効性があります。
臭いもなく手も汚れないので、初心者や特に女性に人気のある肥料です。

一般的に家庭菜園では元肥に持続効果のある有機質肥料を使用し、追肥に即効性のある無機質肥料を利用することが多いようです。

スポンサードリンク

アドセンス