ようこそ! 「家庭菜園プランターの育て方」へ
ポータルトップ >  ホーム >  家庭菜園 プランター 肥料  > プランター栽培での土の作り方:石灰


プランター栽培での土の作り方:石灰

スポンサードリンク

アドセンス

堆肥などの栄養分と同時に石灰もよい土作りにとって大事なものです。
雨が降ると土壌は酸性化が進みます。
酸性になると、根がいたんだり、リン酸がうまく吸収できなくなります。
酸性の環境下では微生物も住めません。
酸性の土は野菜つくりには適しません。
野菜の生育が悪くなったり収量が減ります。
多くの野菜は土壌のPHが6.0~6.5の弱酸性の状態が適しています。
酸性になってしまった土壌を調整するには目的にあった石灰を利用しましょう。

野菜作りでは、消石灰や苦土石灰を利用して調整するといいです。
消石灰とは、土の酸性を中和する成分が多く入っています。
ですから少ない使用量ですみます。
消石灰は最初の土作りで利用するといいです。
苦土石灰は苦土成分と石灰成分が含まれています。作付け前に毎回使用します。
しかし、消石灰や苦土石灰は施し方が難しいので初心者には天然石灰などが便利です。
消石灰や苦土石灰は成分が濃いので、土に施してから2週間程度待たないと種を植えることができません。
その点、天然石灰はすぐに種を撒くことができます。
ですから天然石灰は夏場の作付前に撒くのもいいでしょう。

貝殻なども石灰の代わりとして利用できます。
焚き火などの際に一緒に入れてぼろぼろにして砕いたものを使用します。
石灰よりも成分が少ないので、量は石灰よりも多めに撒きます。

お店で最初に買ってきた調整された培養度には石灰を混ぜる必要はありません。
一度使用した土などを改良する際に利用しましょう。

スポンサードリンク

アドセンス